キャッシング 審査 審査に通らない人と通りにくい人

キャッシングの審査に通らない人・通りにくい人

ノートを持つ女性の写真

カードローンの審査は明確な審査基準が示されていないため不安に感じます。
一般的な目安としては、まず過去の金融事故歴におりブラックリストに名前がある人は審査落ちします。
短期間に多くのカードローンに申し込みした場合も「申し込みブラック」とみなされ、審査に不利に影響する可能性があります。

 

また消費者金融の場合は総量規制が適用されるため、借入総額が年収の1/3になってしまうと融資不可とされます。
融資の可否はそのほか年収・勤続年数・家族構成など色々な条件から総合的に判断され最終決定します。
キャッシングの審査には条件によって『通らない人』と『通りにくい人』に分かれています。

 

通らない人はヤミ金業者以外はどこのキャッシング会社に申込んでも審査には通りません。

 

通りにくい人は一般の人よりは通りにくい部分があるというだけで各キャッシング会社によって審査結果が異なる場合があります。

 

自分で判断できる条件表から自分が『通らない人』『通りにくい人』に当てはまって否かどうかがチェックできます。
申込み前にチェックしてください。

 

キャッシングの審査に通らない人

書類に不備がある 基本的なことなので言うまでもありません。
申込み時に年収などに嘘を書く 虚偽の報告と見なされ信用できないと判断される可能性があります。
架空名義での申込み 本人確認が取れることが絶対条件のためです。
収入に対して借入希望額が多い 返済見込みがないと判断さます。
すでに複数社の借入がある 返済できるかどうかわからないと判断されます。(1〜2社程度なら可)
無職(収入がない) 返済能力がありません。
自己破産や任意整理など債務整理の経験がある 個人情報機関のブラックリストに登録されています。

債務整理後7年程度は貸し出さない、それ以降はキャッシング会社の判断により異なります。
(ただし債務整理をした中に申込み今回申込みをした消費者金融がある場合は社内で永久にブラックの顧客として扱われ借りられません)

クレジットカードで延滞履歴が多い キャッシングでも支払いが延滞する恐れがあると判断されます。

(数回程度は可)

 

キャッシングの審査に通りにくい人

勤続年数が少ない 返済能力があるかきちんと判断しにくいと思われることがあります。
居住年数が短い 支払いが滞ったときに連絡が取れない・居場所がわからなくなるのではと判断されることがあります。
離職率の多い職業についている 就職率は高いが離職率が高い職業は過去に事故登録がある人が多い傾向にあるので敬遠される可能性があります。
収入が安定していない 『安定した収入がある方』が貸付条件にあります。

フリーランスなどで収入が多い月と少ない月がある方はキャッシング会社の判断によります。

短期間に何件もキャッシングに申込んだ とてもお金に困っている・詐欺かもしてないなど信用性が低くなってしまいます。

(ただし続けて2件程度の時間差のない申込みは可)

キャッシングの豆知識イラストキャッシングの豆知識

 

審査に不安がある方は2社同時に申込むことをおすすめします。
片方の審査に落ちても、もう片方で通る可能性があります。

 

審査に取らなかったということが信用情報に登録されてしまうと、それ以降申込んだキャシング会社がその情報を見て「他社の審査に落ちた人は何かある」と判断する場合があります。

 

同時に申込めば信用情報に審査結果が登録される前に結果がわかり、2社とも審査に通過してもどちらか1社だけ借りればいいだけの話です。
あらかじめ2社選んでおいて続けて申込みしてください。

キャッシングおすすめ厳選2社のイラスト

トータルバランス1

日本を代表するメガバンクの三菱東京UFJ銀行直営のバンクイックです。銀行ならではの安心感と高い融資額でバランスの取れた人気の銀行系カードローンです。

低金利1

スーパーでおなじみのイオン傘下のイオン銀行直営のカードローンBIGです。返済の負担が軽減できる金利の低さが魅力的な銀行系カードローンです。

 

 

矢印キャッシングの審査に通過するポイントを紹介します!詳細はコチラ