キャッシング審査 勤務年数

勤務年数とキャッシングの審査は関係がありますか

カードローン審査では年収や持家の有無をはじめとして幾つか判断要素となるポイントがありますが、勤続年数もその一つです。
審査で重要視されるのは申込者の返済能力ですが、1つの職場で長く勤め続けている人は安定した収入が得られる見込みが高く、社会的信用度も高いと見なされるのです。
反対に何度も転職を繰り返す人は安定性に欠け、今後長期にわたり定期収入が期待できないと判断されるため審査に通りにくくなる可能性があります。
転職の予定がある人は今の勤め先に在籍しているうちに審査を受けるほうが有利な場合もあります。

 

融資金額に差が出てくるので、高額融資を希望している人には影響のある項目になります。
なぜ勤続年数が高額融資の場合影響してくるのかというと、返済能力が問われるからです。
短期間で職を変えている人は契約後も職を変える可能性が高く、貸したお金を返す原資がないと判断されます。
もちろんその後真面目に長く勤める方もいますが、個人個人が今後どのように仕事をしてくのかまで細かく見ることは不可能です。

 

ですから、一律勤続年数が短い人には高額な融資を控える傾向にあります。
具体的にどのくらいの勤続年数があれば高額融資も可能になってくるのかというと、三年以上が目安です。
同じ仕事に三年以上就いていると、その職場の大抵のことが経験できると言われています。
三年以上同じところに勤めていることが出来る人ならきちんと返済もしてくれるだろうし、お給料も安定してもらえているだろうから、支払い原資も確保できるという考えになるからです。
しかし昨今の経済状況を考えると、少し前まで安定していたのに急に業績が悪くなり転職せざるを得なくなったということも十分ありえます。

 

そういったときは必ずキャッシング会社へ勤務先の変更登録を行ってください。
会員規約にも、居所は常に知らせておくことという項目があるように、何か変更があったら知らせる義務が利用者にはあります。
万が一支払いが遅れた場合に、連絡先が不通になっていると連絡が取れません。
長期間連絡が取れない状況だと、キャッシング会社から「逃亡」したという扱いで事故登録される可能性も否定できません。
変更があればその都度連絡をしましょう。

 

 

矢印キャッシングの審査に通過するポイントを紹介します!詳細はコチラ