キャッシング審査 仮審査と本審査

仮審査と本審査

カードローン会社によってはホームページ上に「仮審査」「仮診断「簡易診断」「お試し審査」といった名称のサービスを提供しているところがあります。
ごくわずかな項目を入力するだけで、即座にコンピューター診断による仮の審査結果がわかるようになっています。
本審査では申込書の内容に沿って、さらに深く細かいチェックが行われます。
カードローンの本審査結果は必ずしも仮審査と同じとは限りませんが、審査に通る可能性を探るためにとても便利なツールといえます。

 

○秒後に融資が可能かの判断をしてくれるので、そこで融資可能と出たら本申込へと流れていくのですが、仮審査が通れば絶対に融資してもらえるのかというと、実はそうではありません。
仮審査が通っても本審査で落ちてしまう可能性はあります。
仮審査で見るところは、

  • 信用情報機関
  • 生年月日
  • 勤務体系

くらいです。
信用情報機関で過去のキャッシング利用の問題が無いかを判断し、申し込み資格がある生年月日か、それから何かしらの仕事に従事しているのかだけを見るのです。
しかし本審査では上記の他に

  • 自宅&勤務先に在籍しているかの電話確認(在籍確認)
  • 記入された住所が実在するかを地図上で確認
  • 提出された身分証明書は本物であるかの確認
  • 申込書に嘘はないかを確認

など、かなり細かい部分まで調べます。
仮審査はシステムで行うのに対して、本審査は人間が行う業務が多いため仮審査のように○秒で結果が出ないのです。

 

このようなことからもわかるとおり、仮審査で通っても本審査で落ちる可能性は十分あります。
仮審査で通って本審査で落ちるくらいなら、はじめから仮審査などはして欲しくないと思う人も時々いますが、これは本審査の業務負担を軽くするための有効な手段ですから、なくすことはありません。
キャッシング業界は法改正などで著しく収入が減った時期がありました。
それを補うために人員整理を積極的に行った結果、今は必要最低限の人数しか従事していません。
システムで融資可能かどうかを判断できるのであれば、そこである程度審査をして、絞られた上で本審査を行えば、余計な業務が減るというわけです。

 

またキャッシング会社側の事情に加え、申込者も仮審査だけならば余計な個人情報を相手側に伝えずに済みます。
たとえ落ちたとしても、詳細な個人情報は伝えずに済みますので、お互いのメリットのために仮審査はあるのだと考えられます。

 

 

矢印キャッシングの審査に通過するポイントを紹介します!詳細はコチラ