キャッシングの審査 総量規制

調べておきたい総量規制

消費者金融や信販会社は貸金業者に属しており、融資を受ける際には総量規制という法律が適用されます。
総量規制は借入額に年収による規制を設けるものです。
借入総額が利用者の年収の1/3を超える場合、貸金業者は貸付を行ってはいけないことになっています。

 

利用者の他社からの借入額については、申込審査の際に個人信用情報を照会することで明らかになります。
銀行は総量規制対象外なので年収のない専業主婦でも審査に通れば借り入れできる可能性があります。

 

総量規制とは、複数のキャッシング会社から借り入れている金額の合計に上限を設けるものです。
合計で年収の3分の1までしか借り入れをすることができないと定められています。
例えば年収300万円の人なら合計で100万円までしか借り入れをすることはできません。
あるキャッシング会社で60万円の借り入れをすれば、別のキャッシング会社に申し込んだ場合には40万円しか借り入れをすることができないのです。

 

このようにして定められているのが総量規制です。
年収に応じて利用限度額が決まると言うことですから、キャッシングの申し込みをするときには収入を証明できる書類の提出が必要となります。
例外的に、50万円までなら提出しなくても利用できます。
キャッシングを利用して返済不能になり、最終的に自己破産にまで追い込まれるような人が増えたためにこのような規制が作られました。
総量規制について注意しておかなければならないのは、この規制が貸金業者に対する規制だと言うことです。
キャッシングを提供しているのは貸金業者ばかりではありません。
銀行もキャッシングのサービスを提供しています。

 

ですから、銀行のキャッシングを利用するときには、総量規制は適用されないのです。
銀行と言っても店舗を構えている銀行ばかりではなくて、ネット銀行などもあります。
ですから、総量規制を超えて借り入れをしたい場合には、消費者金融などではなくて銀行から借り入れをするほうが良いでしょう。

 

 

矢印キャッシングの審査に通過するポイントを紹介します!詳細はコチラ