キャッシングの審査 グレーゾーン金利

調べておきたいグレーゾーン金利

グレーゾーン金利は2010年に法改正が行われる以前に、出資法の上限金利で借り入れをしていた人に関係してくる問題です。
法改正以前の出資法による適用金利と、利息制限法の上限金利との間に生じた金利差がグレーゾーン金利と呼ばれています。
グレーゾーン金利で過去に支払った利息分は、過払い金請求の手続きにより返還される可能性があります。
過払い金請求は対象となる借入金を完済していることが条件で、また完済後10年を経過すると無効となるので、上記にあてはまる可能性がある人は早めの確認が必要です。

 

グレーゾーン金利とは過去に存在したもので、利息制限法の上限金利と出資法の上限金利との間の金利を指します。
キャッシングを利用するときには金利が適用されるのですが、この金利はキャッシング会社が自由に決めることができるわけではなくて、上限は法律によって定められています。

 

しかし、金利を定めた法律は利息制限法と出資法の二つがあって、この二つで定められている金利が異なっていました。
現在は改正されましたからこのようなことはないのですが、改正前は利息制限法の金利のほうが小さかったのです。
貸金業者としては高い金利のキャッシングを提供する方が利益は大きくなりますから、利息制限法の上限金利よりも高い金利で貸し付けていたのです。
法律的には二つの金利が定められていて、どちらを適用するべきかというのは曖昧なままであったために、グレーゾーン金利とよばれていました。
過去に伽寝具を利用していた人ならグレーゾーン金利で借り入れをしていた可能性がありますが、その場合には返還請求によって取り戻すことができます。

 

これからキャッシングを利用する人の場合には、グレーゾーン金利は存在しないと言えるでしょう。
ただ、金利の知識は持っておかなければなりません。
利息制限法では10万年円未満なら年率で20%、10万円以上100万円未満なら年率で18%、100万円以上であれば年率で15%と定められています。
契約している金利がこれを超えていないのかどうかを知ると共に、ときには金利計算をして正しいかどうかを判断することも必要です。

 

 

矢印キャッシングの審査に通過するポイントを紹介します!詳細はコチラ