キャッシングの審査 利用限度額

利用限度額で選ぶ

カードローンの利用限度額は、申込のときの審査によって決定します。
限度額決定の際の判断材料となるのは、主に申込者の返済能力と他社からの借入金額です。
借りたお金をきちんと返せる見込みがあるのか、という返済能力は年収などから総合的に判断されます。

 

他社からの借り入れについては個人信用情報を照会して確認が行われます。
年収に対してすでに他社から多額の借金を抱えている人は、審査に不利になる可能性があります。
また総量規制の対象となる消費者金融では、複数借入の総額が年収の1/3を超える金額は借りることができません。
銀行は総量規制の対象外となっており、年収による規制はありません。

 

キャッシングの利用限度額とは、簡単に言うといくらまで借りる事ができるのかということです。
キャッシングを利用しようと思う理由は人それぞれですが、何か理由があって資金が必要となったと言うことは共通しています。
どれくらいの金額が必要なのかはそれぞれで異なるのですが、必要とする最低金額は決まっているでしょう。
キャッシングを利用してそれだけのお金を借りることができなければ、キャッシングを利用する価値はありません。

 

ですから、利用限度額が十分なのかどうかを判断しなければならないのです。
利用限度額は何によって決まるのかというと、返済が可能かどうかが基準となります。
1000万円を借りても返済が出来ると判断されれば、1000万円までの融資を行ってくれるでしょう。

 

しかし、返済できる見込みが小さければ、数十万円くらいしか借りる事ができない場合もあります。
利用限度額は、書類を提出することで大きく出来る場合が多いです。
即日融資などでは50万円くらいと言うのが相場ですが、更にもっと大きな資金が必要となった場合には収入証明を提出することで借りる金額を大きくすることができる場合が多いでしょう。
収入証明を提出すれば、キャッシング会社どれくらいまでなら貸すことができるのかを正確に知ることができますから、収入に応じて利用限度額を大きくしてくれることが多いのです。
書類の提出は面倒と言えば面倒ですが、それによって利用しやすくなるわけですから、提出できるのなら提出するほうが良いです。

 

 

矢印キャッシングの審査に通過するポイントを紹介します!詳細はコチラ