キャッシングの審査 利率比較

利率比較で選ぶ

カードローン選びの大きなポイントとなるのが利率です。
利率は実質年率や金利などとも呼ばれ、返済時に支払う利息に深くかかわってきます。
キャッシングしたときに適用される利率は、申込審査の際に利用限度額と共に決定します。
限度額は申込者の年収をはじめとする諸条件によって決められます。
カードローン会社では適用する限度額に段階を設けており、限度額が大きいほど利率は低く、反対に限度額が小さいほど高い利率が適用されるようになっています。

 

お金を借りれば当然のことながら利息は支払っていかなければならないのですが、利息は安いに越したことはないでしょう。
利息の計算に用いられるのが利率です。
利率が低ければ、同じ金額の借り入れをしたとしても、最終的に支払う利息の金額は小さくなりますから、融資としてみた場合には有利だと言えるでしょう。
基本的なこととして把握しておかなければならないのが法律による制限です。
利息制限法では上限の金利が設定されていて、例えば10万円までなら20%が上限と定められています。

 

ですから、これを超える事はありませんし、もしも超えた場合には違法となります。
キャッシング先を選ぶときには、まず違法ではないのかどうかを確認するためにも、利率を把握することが必要となってきます。
あくまでも一般的な傾向ですが、銀行のキャッシングは利率が低いと言えます。
ですから、より有利なキャッシング先を探そうと思っているのであれば、銀行のキャッシングサービスを利用するのも良い方法だと言えるでしょう。

 

ただし、銀行のキャッシングサービスを利用するための審査は少し厳しいという傾向もあります。
消費者金融や信販会社のキャッシングは審査があまり厳しくありませんが、その代わりに利率が高いと考えられます。
ただし、消費者金融では無利息期間が設定されることもありますから、無利息のサービスを利用できるのなら利用した方が有利です。

 

 

矢印キャッシングの審査に通過するポイントを紹介します!詳細はコチラ